大阪のウェディングドレス店おすすめランキング

Marry me

商品情報

  • ¥54,000

  • ¥120,000

  • ¥54,000

  • ¥112,000

その他のドレスを見る

オススメの理由

セミオーダー専門店!カラーもサイズも自分好みに
約100着のデザインから選べる
納期は最短2ヶ月!8万円台~!

もっと詳しく見る

anjeri

おすすめの理由

森田圭伊子によるオリジナルドレス!
繊細でしなやかなラインが特長!
ヘアメイクやエステ、 ネイルも可能!

inoue

おすすめの理由

レンタルからオーダーメイドまで可能!
専任スタッフに相談しながら選べる!
小物やアクセサリーも充実!

aimer

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

four&sis co.

おすすめの理由

誰も袖を通したことのない販売のみ!
年2回、オリジナルコレクションを発表!
日本人女性にマッチしたバランス!

色で選ぶ

カラードレスの費用

カラードレスの費用ってどのくらい?

カラードレスとは、そもそもが披露宴でのお色直しの際や二次会といった挙式で着用したり、披露宴の登場の際に着用するウェディングドレスとは違うカラーリングされたドレスになります。

結婚式場やブライダルの企画会社など、どういったものを利用するのかによって、カラードレスの費用は変わってきます。 カラードレスなんて、友人の結婚式にも着ていけないし、自分の結婚式以外着る場面がないからレンタルでいいやと思う方も大勢にいらっしゃいます。

こういった発想を持ってしまうのは、購入>レンタルという法則を勝手に成り立たせてしまっているからなんです。 でもいざレンタルをすると決め、衣装代などの見積もりを出してもらうと、30万円やら安い方でも20万円なんてレンタル代が掛かるものなのです。

それって購入するのじゃなくレンタルですよねというツッコミを入れたくなった方達は大勢にいらっしゃることでしょう。 そうなんです。 実は他の車などのリース契約などとは違い、カラードレスは、購入をした方が、逆に安くコストを抑えることが出来ることが多いものなのです。

カラードレスの費用は、当然に購入されるお店や、そのドレスのオリジナリティや希少価値、使っている素材やデザイナー、ブランドなどにより様々ですが、10万円前後で購入することは十分に可能です。

購入した方が良いのか?

そもそも式場などでレンタルをしても、10万円以下のドレスは、数が少なく、デザインもイマイチということが多い。 それに比べたら、元々のデザインにちょっと自分なりのアレンジを加え、オリジナリティを出しても、7万円前後というオーダードレスを販売しているショップもあります。

その上、既成品といって、ショップなどで展示したり、準新作以下のドレスであれば、セール品として1万円などのローコストで購入出来る場合もあるので、断然に購入をしてしまった方が、衣装代にそこまでコストを欠けずに済むのです